10期バ゚ツã‚ĸãƒŧæ—Ĩ記īŊžåœ°į„ぎåē•įˇ¨īŊž

前 10期バ゚ツã‚ĸãƒŧæ—Ĩ記īŊžä¸‰é€”ぎ遊園地įˇ¨īŊž - đŸŖ

垌 

 地į„ぎéŦŧ

バ゚ぎ席ãĢį€ãã€Œã¯ãƒŧæĨŊしかãŖたãĒぁâ€Ļ」と思いãĒがらį”˛éĄžã‚ĢップãĢå…ĨれたおčŒļå‰˛ã‚Šã‚’éŖ˛ã‚€ã¨į”Ÿãčŋ”ãŖたようãĒåŋƒåœ°ãĢãĒりぞした。先į¨‹ãžã§ãŽå¤ĸを反čŠģしãĻいるとバ゚がčĩ°ã‚Šå‡ēしぞしたが、おうも様子がおかしい。明らかãĢæĨた時とはåˆĨぎ斚へ向かãŖãĻã„ã‚‹ã—ã€æ™¯č‰˛ãŒãŠã‚“ãŠã‚“æŖŽãĢčŋ‘äģ˜ã„ãĻいきぞした。äŋēは思いぞしたね「やãŖとæĨたぎか」と。やãŖとäŋēをčŋŽãˆãĢ地į„ぎéŦŧ達がやãŖãĻæĨたぎです。バ゚はそぎぞぞ地į„へ向かいäŋēはそこでč˛Ŧめč‹Ļを受けるぎだと。おčŒļå‰˛ã‚Šã‚’å‘ŗわうぎも最垌かもしれãĒいと思い、グãŖとåŖ一杯ãĢé Ŧåŧĩりぞした。バ゚はホテãƒĢぎようãĒåģēį‰ŠãŽå‰ã§æ­ĸぞりぞした。おうやらã‚ĩプナイã‚ēで10æœŸãƒĄãƒŗバãƒŧãĢよるおčĻ‹é€ã‚ŠãŒã‚ã‚‹ã‚ˆã†ã§ã—ãŸã€‚ãƒã‚šãŽä¸Ąã‚ĩイドãĢ10æœŸãƒĄãƒŗバãƒŧぎįš†ã•ã‚“がįžã‚ŒãĻ手を振ãŖãĻいぞした。äŋēはãĒんとãĒくäģŠį”ŸãŽåˆĨれ感があãŖãĻいいãĒ、と思いぞした。æ­ģ地ãĢčĩ´ãå…ĩåŖĢぎようãĒéĄ”ã‚’ã—ãĻ手を振りæ›ŋえそうと思ãŖたぎですが、「į”ˇã€ãŒäģŠåēĻは「おčĻ‹é€ã‚ŠäŧšãĢį•°å¸¸ãĒåŸˇåŋĩをį‡ƒã‚„すį”ˇã€ãĢãĒãŖãĻしぞい「うおãƒŧãƒŧīŧéĨãƒŧãƒŧīŧã€ãĒãŠã¨č¨€ã„ãĒがらįĒ“からハã‚ŗ䚗りぎäŊ“å‹ĸでブãƒŗブãƒŗ手を振ãŖãĻいたぎで少しįŦ‘ãŖãĻしぞいぞした。こぎ時ãĢはバ゚ãĢãƒĄãƒŗバãƒŧぎ斚が䚗りčžŧんでくるというぎもあãŖたぎですが、我々ぎバ゚ãĢはéŖ¯įĒĒæ˜Ĩčœã•ã‚“ãŒäš—ã‚Ščžŧんできぞした。äģŠæ—Ĩ、éŖ¯įĒĒさんãĢį¸ãŒã‚ã‚‹ãĒ、と思いぞした。

10æœŸãƒĄãƒŗバãƒŧがčĻ‹ã‚‰ã‚ŒãŸäē‹ã§į†ąį‹‚するバ゚はそぎぞぞå‡ēį™ēし、ぞたキッã‚ĢãƒĒ50分čĩ°ã‚Šãžã—た。旅館ãĢ到į€ã—た時ãĢはæ—ĸãĢ22時くらいãĢãĒãŖãĻいぞした。æĩįŸŗãĢ全äŊ“įš„ãĢおį–˛ã‚ŒãŽæ–šãŒå¤šãã€ã‚ēãƒĢã‚ēãƒĢとゞãƒŗビぎ列ぎようãĢįš†ã•ã‚“å„ã€…ãŽéƒ¨åą‹ãĢ帰ãŖãĻいくぎがčĻ‹ãˆãžã—た。しかし、我々はここからがæœŦį•Ēです。遂ãĢäŊ•ãĢ気å…ŧねするäē‹ãĒくお酒がéŖ˛ã‚ã‚‹æ™‚間がやãŖãĻæĨたぎです。ぞあæ—ĸãĢįĩæ§‹éŖ˛ã‚“でいぞしたが、しかしぞだぞだåŽĩぎåŖ、我々はã‚ŗãƒŗビニãĢ向かい大量ぎ厉ã‚ĸãƒĢã‚ŗãƒŧãƒĢã¨é…’ãŽč‚´ã‚’čŗŧå…Ĩã—ãžã—ãŸã€‚æ‰‹ãŽã˛ã‚‰ãĢéŖŸã„čžŧむãģお重いビニãƒŧãƒĢčĸ‹ã‚’ニã‚ŗニã‚ŗįŦ‘éĄ”ã§æŒãĄå¸°ã‚Šã€ããŽå ´ã§é–‹ã‘ãŸé…’ã‚’éŖ˛ãŋãĒがら「いやãƒŧīŧãƒã‚šãƒ„ã‚ĸãƒŧ、最éĢ˜ã ãĒīŧã€ã¨é“ã™ãŒã‚‰č¨€ã„įļšã‘ぞした。旅館ãĢæˆģãŖãĻすぐãĢéƒ¨åą‹į€ãĢį€æ›ŋえ「䚞杯īŧãƒã‚šãƒ„ã‚ĸãƒŧ最éĢ˜īŧã€ãŽæŽ›ã‘åŖ°ã¨å…ąãĢ地į„ぎ厴が始ぞりぞした。į–˛ã‚Œã‚‚įœ æ°—も酒とå¤ĸでæŽģきæļˆãˆãĻしぞい、おんおんæĨŊしくãĒãŖãĻいきぞした。少しéŖ˛ã‚“でから渊æŗ‰ãĢå…Ĩり、そこからぞたéŖ˛ãŋįļšã‘ぞした。éĸ¨å‘‚帰りãĢåģŠä¸‹ã§å‡ēäŧšãŖたドナゴãƒŗã‚ŋトã‚ĨãƒŧぎåĨŗが「č‹ĨいåĨŗ子ばãŖã‹ã‚ŠãŽéƒ¨åą‹ã§é…’ã‚’éŖ˛ã‚€ãŽãŒãƒ„ãƒŠã‚¤ã€ã¨å‚åŠ ã‚’čĄ¨æ˜Žã—ãĻæĨたぎで大歓čŋŽã—ぞした。我々ぎéŖ˛ãŋäŧšã¯ãŸã ãŸã ä¸‹ã‚‰ãĒいäē‹ã‚’č¨€ã„ãĒがら酒をéŖ˛ãŋįļšã‘る「酒č‡ŗ上ä¸ģįžŠã€ã¨ã§ã‚‚č¨€ã†ãšãã€ã‚ã‚‹æ„å‘ŗåĨ全ãĒãƒĸノãĒぎでåĨŗ子が一äēēæˇˇã˜ãŖãĻもäŊ•ãŽå•éĄŒã‚‚ありぞせん。čēĢäŊ“、ä¸ģãĢč‚č‡“å‘¨ã‚ŠãŽč‡“å™¨ãĢは全くåĨ全ãĒã‚‚ãŽã§ã¯ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ãŒã€‚éƒ¨åą‹ã¯č§’éƒ¨åą‹ã§äģ–ãŽéƒ¨åą‹ã‚ˆã‚Šåēƒã„äŊœã‚ŠãŽã‚ˆã†ã§ã—た。非常ãĢ厴äŧšå‘ããŽéƒ¨åą‹ã§åŋĢ遊ãĢ過ごせぞした。途中、å‹ĸいがついたぎでįŸĨり合いぎåĨŗæ€§ãŽč¨ąå¯ã‚’åž—ãĻ、čŋ‘くぎåĨŗå­ãŽéƒ¨åą‹ãĢ行ãŖたりしたぎですが、我々はベロãƒŗベロãƒŗãĢ酔ãŖ払ãŖãĻおり、そしãĻåĨŗå­ãŽéƒ¨åą‹ã¯ãƒ™ãƒ­ãƒŗベロãƒŗãĢ酔ãŖ払ãŖãĻいãĻも分かるãģおぎ帰れã‚Ēãƒŧナで充æē€ã—ãĻいたぎで䚞杯だけしãĻåŗ退æ•Ŗしたりしぞした。éĢ˜æ Ąį”ŸãŽé ƒãŽäŋēよīŧåŽ‰åŋƒã—ろīŧįĩåą€åĨŗå­ãŽéƒ¨åą‹ãĢ行ãŖãĻãĻもこうãĒãŖãĻたぞīŧãŠå‰ã¯æ­ŖしかãŖたīŧäŊ•ãŒäŋŽå­Ļæ—…čĄŒãƒĒベãƒŗジじゃīŧäģŠãŒé’æ˜ĨおįœŸã‚“中īŧčŠąãŽ30äģŖīŧæ¯Žæ—Ĩ我æ­Ļ者įž…ãĢį”ŸããĻるんだãĒīŧãƒĒベãƒŗジするåŋ…čĻãĒんãĻã‚ĩナã‚ĩナねぇんだよīŧčĻ‹ã‚īŧã“ぎæĨŊしそうãĒéĄ”ã‚’īŧ

f:id:nakashima777:20171201023807j:image

f:id:nakashima777:20171201023821j:image

こぎ写įœŸãŽéĄ”がį‰ŠčĒžãŖãĻいぞす。5ã‚ˇãƒ§ãƒƒãƒˆãŽčĄ¨æƒ…ã‚ˆã‚Šã€ã“ãĄã‚‰ãŽæ–šãŒæ–­į„ļéēåŊąå‘きです。äŋēは地į„でこそčŧãįŦ‘éĄ”ã§įŦ‘うäēē間ãĒぎだと思いぞす。æĨ世は地į„ぎéŦŧãĢį”Ÿãžã‚ŒãŸã„。įĩåą€åŽ´ã¯æœãžã§įļšãã€äŋēãŒå°ąå¯ã—ãŸãŽã¯æœ4時čŋ‘くだãŖたと思いぞす。įŋŒæ—Ĩは「朝8時過ぎãĢはバ゚ãĢ乗ãŖãĻ下さい」という指į¤ēがå‡ēされãĻいぞした。

地į„ãŽéƒ¨åą‹ã¨įŠēえずき

朝6時過ぎ、厴įĩ‚äē†ã‹ã‚‰2時間ãģおでį›ŽãŒčĻšã‚ãĻしぞいぞした。äēŒæ—Ĩ酔いぎį—‡įŠļはありぞせんでした。äŊ•æ•…ãĒらぞだ酔ãŖãĻいたからです。äēŒæ—Ĩ酔いãĢãĒおãĒるはずがありぞせんでした。一æ—Ĩ酔いです。吐き気やめぞいį­‰ã‚‚į„Ąãã€äŊ“æ„Ÿįš„ãĢã¯č‰¯ã„į›ŽčĻšã‚ã§ã—た。čžēりをčĻ‹å›žã™ã¨é…’やペットボトãƒĢ、つぞãŋぎįŠēきčĸ‹ãĒおがæ•Ŗäšąã—ã€ã•ãĒがら地į„ぎようãĒéƒ¨åą‹ãĢãĒãŖãĻいぞした。

f:id:nakashima777:20171128232724j:image

Â ãĄãĒãŋãĢæĨãŸæ™‚ãŽéƒ¨åą‹ã¯ã‚ŗãƒŦです。
f:id:nakashima777:20171201021838j:image

 そこからįĩåą€3åēĻå¯ã—ãĄã‚ƒãŖãĻæ€Ĩいで支åēĻしãĻすãŖぴんéŖ›ãŗå‡ēしバ゚ãĢ䚗ろうかとも思ãŖãŸãŽã§ã™ãŒã€ãã“ã¯čŠąãŽ30äģŖ、一åēĻį›ŽãŒčĻšã‚ã‚‹ã¨ã‚‚う2åēĻ寝もå‡ēæĨãĒくãĒãŖãĻしぞいぞした。čēĢäŊ“ãŒãŠã˜ã„ãĄã‚ƒã‚“ãĢčŋ‘äģ˜ã„ãĻきãĻいるぎです。äģ•æ–šãŒãĒいぎでジジイらしく朝éĸ¨å‘‚ãĢでもå…ĨることãĢしぞした。こぎ旅館ãĢはéĸ¨å‘‚がäēŒįŽ‡æ‰€ã‚り、名į‰Šãƒ¯ã‚¤ãƒŗéĸ¨å‘‚ã¨éœ˛å¤Šéĸ¨å‘‚がついた大æĩ´å ´ãŒã‚るようでした。前æ—Ĩぎ夜はワイãƒŗéĸ¨å‘‚ãĢå…ĨãŖたぎで大æĩ´å ´ãŽæ–šã¸ã€ã‚­ãƒƒãƒãƒĒéœ˛å¤Šéĸ¨å‘‚ãĢもå…ĨãŖãĻ、įĩļ望するãģお青いįŠēをčĻ‹ä¸Šã’ぞした。æĩ´åŽ¤ã§æ­¯ã‚’įŖ¨ãã¨ãˆã’つãĒいįŠē嘔がå‡ēぞしたが、嚸い嘔吐ãĢはč‡ŗりぞせんでした。こうやãŖãĻäēē間ぎčēĢäŊ“はæ­ģãĢčŋ‘äģ˜ã„ãĻいくんだãĒあ、と原感しぞした。そぎ垌はせãŖかくãĒぎで朝éŖŸäŧšå ´ãĢčĄŒãã“ã¨ãĢしぞしたが、こぎæ—ĨこぎホテãƒĢãĢはäģ–ぎツã‚ĸãƒŧぎおåŽĸさんもいたようで、朝éŖŸãƒã‚¤ã‚­ãƒŗグäŧšå ´ãĢã¯čĄŒåˆ—ãŒå‡ēæĨãĻいぞした。朝7時前からã‚Ēã‚ŋクとジジイとババã‚ĸãŽčĄŒåˆ—ãĢä¸ĻãļぎåĢŒã ãĒ、と思ãŖãŸãŽã§ã™ãŒã‚ˆãč€ƒãˆãŸã‚‰äŋēは「ã‚Ēã‚ŋクぎジジイ」ãĒぎでä¸Ļãŗぞした。おかゆとå‘ŗå™Œæąã¨ãƒ‡ã‚ļãƒŧトぎãļおうしかéŖŸãšã‚‰ã‚Œãžã›ã‚“ã§ã—ãŸã€‚ãƒĄã‚ˇã‚’éŖŸãŖãĻéƒ¨åą‹ãĢ帰ると同厤ぎおじさん達もノã‚Ŋノã‚Ŋとčĩˇãä¸ŠãŒã‚Šã¯ã˜ã‚ãĻおり、朝éŖŸãŽæ™‚é–“ãĢ寝坊するäē‹ã‚’čĻ‹čļŠã—ãĻ財ãŖãĻおいたパãƒŗãĒおをãƒĸã‚Ŋãƒĸã‚ŊとéŖŸã—ãĻいぞした。äŋēは椅子ãĢč…°æŽ›ã‘ãĻã‚ŋバã‚ŗを吸いãĒがら「â€Ļ朝å…Ģ時å‡ēį™ē、旊いよãĒâ€Ļã€ã¨č¨€ã„ãžã—ãŸã€‚åŒåŽ¤ãŽãŠã˜ã•ã‚“ã¯į„Ąč¨€ã§ãƒĸã‚Ŋãƒĸã‚ŊとパãƒŗをéŖŸãšįļšã‘ãĻいぞした。

f:id:nakashima777:20171128232746j:image

夊はäēŒį‰Šã‚’与えず

あぎ地į„ぎようãĒéƒ¨åą‹ã‹ã‚‰ãŠãŽã‚ˆã†ãĢ這いå‡ēしãĻバ゚ãĢ乗ãŖãŸãŽã‹ã‚¤ãƒžã‚¤ãƒč¨˜æ†ļが厚かでį„Ąã„ぎですが、とãĢかくäŋēはいつぎ間ãĢかバ゚ãĢ乗ãŖãĻおり、気がäģ˜ãã¨į›Žįš„地ãĢ到į€ã—ãĻおりぞした。こぎæ—Ĩã¯ã€Œåąąæĸ¨čĻŗ光」というざãŖãã‚Šã—ãŸã‚šã‚ąã‚¸ãƒĨãƒŧãƒĢが午垌ぞでįĩ„ぞれãĻいるようでした。「ジãƒŖムäŊœã‚ŠäŊ“験」と「įŒŋ回しをčĻ‹ã‚‹ã€ã¨ã„う2つぎイベãƒŗトがį”¨æ„ã•ã‚Œã€ã„くつかãĢåˆ†ã‘ã‚‰ã‚ŒãŸåˇčģŠã”とãĢそれぞれぎイベãƒŗトをこãĒす、というようãĒã‚‚ãŽã§ã—ãŸã€‚ãƒĄãƒŗバãƒŧもそれぞれぎ場所ãĢäēŒäēē配įŊŽã•ã‚ŒãĻおり、čĒ°ãŒã„るかはį€ã„ãĻからぎおæĨŊしãŋです、ãŋたいãĒčļŖ向だãŖたと思いぞす。įĸēかそんãĒようãĒäē‹ã‚’čĄŒããŽãƒã‚ščģŠå†…ã§čžã„ãŸã‚ˆã†ãĒ気がしぞす。頭がボãƒŧãŖとしãĻいたぎであぞりčĻšãˆãĻいãĒいぎですが。我々は最初は「ジãƒŖムäŊœã‚ŠäŊ“験」をするäē‹ãĢãĒりぞした。

 
f:id:nakashima777:20171201021745j:image

å›Ŋ道æ˛ŋいãĢよくある「ãļおうį‹Šã‚Šã§ããžã™ã€ãŋたいãĒæ–Ŋ設ãĢ大量ぎバ゚ツã‚ĸãƒŧぎ民が集められį ‚įŗ–とãļおうをį…ŽčŠ°ã‚ã‚‹ã‚ˆã†ã§ã—た。æ–Ŋč¨­ãŽãƒãƒŧベキãƒĨãƒŧ場ぎようãĒ所ãĢ歊いãĻいくとå…ĨりåŖãĢäŊč—¤å„Ē樚さんとįŸŗį”°äēœäŊ‘įžŽã•ã‚“がおられぞした。įŸŗį”°äēœäŊ‘įžŽã•ã‚“ãĢ「おはようございぞす」と寝ãŧã‘ãŸé ­ã§č¨€ãŖた所「įœ ãã†īŊ—ã€ã¨č¨€ã‚ã‚Œãžã—ãŸã€‚åŸēæœŦįš„ãĢäŋēはįŸŗį”°äēœäŊ‘įžŽã•ã‚“ãĢはčĒžå°žãĢčŠã‚’äģ˜ã‘られãĻ寞åŋœã‚’されãĻいぞす。扚判や文åĨではį„Ąã„です。むしろそういう寞åŋœãŒä¸€į•ĒåĨŊきです。ありがとうございぞす。ãļおうジãƒŖムをäŊœã‚‹äē‹ãĢãĒり、ãļおうジãƒŖムäŊœã‚ŠãŒå¤§åž—意ãĒ劆さんからčĒŦ明を受けぞした。とりあえず最初はãļおうからį¨Žã‚’取り除くäŊœæĨ­ãŽã‚ˆã†ã§ã—た。「į¨Žį„Ąã—ãļおうをį”¨æ„ã—ろよīŧã€ãĒおとæ‚Ē態をつきãĒがら開始したそぎäŊœæĨ­ã¯ã€ãļおうを半分ãĢå‰˛ã‚Šã€ããŽä¸­ãĢ5つãģおå…ĨãŖãĻいるį¨Žã‚’取り外し器ãĢå‡ēし、į¨Žį„Ąã—ãĢしたãƒĸノを鍋ãĢ攞りčžŧんでいく、という意外とéĸ倒ãĒもぎでした。「äŊ•æ•…我々は朝もはよからãļãŠã†ã‚’å‰˛ã‚Šįļšã‘ãĻいるんだâ€Ļ」そんãĒムãƒŧドがテãƒŧブãƒĢ全äŊ“ãĢæŧ‚いぞしたが、おうやらäŋēは「ãļおうからį¨Žã‚’外しãĻ鍋ãĢ攞りčžŧむäŊœæĨ­ã€ãŽæ‰čƒŊを持ãŖãĻį”Ÿãžã‚ŒãŸã‚ˆã†ã§åšŗ均įš„ãĒäēēぎ倍äģĨ上ぎ旊さでäŊœæĨ­ã‚’įĩ‚äē†ã•ã›ã‚‹äē‹ãŒå‡ēæĨぞした。äŋēãŽå¤Ščˇã€ã“ã‚“ãĒ所ãĢあãŖたぎか。äŋēはãļおうぎį¨Žã‚’分é›ĸさせるį‚ēãĢこぎ世ãĢį”Ÿã‚’受けたぎだ。これぎį‚ēãĢäģŠãžã§å°ąčˇã›ãšãĢæĨたぎでしょう。運å‘Ŋです。äŋēはこれをäģ•äē‹ãĢするīŧä¸–į•Œã‚’取るぜīŧã¨æ€ãŖたぎですが、æ–Ŋč¨­å†…ãŽãŠã“ãĢã‚‚ãƒã‚¤ãƒˆå‹Ÿé›†ãŽãƒãƒŠã‚ˇã¯į„Ąã‹ãŖたし、äģŽãĢあãŖたとしãĻも「ãļおうぎį¨Žã‚’外しįļšã‘る」というäģ•äē‹å†…厚ではį„Ąã„でしょうから、äŋēã¯å°ąčˇã‚’čĢĻめるäē‹ãĢしぞした。夊はäēŒį‰Šã‚’与えずとį”ŗしぞす、äŋēãĢ与えられた「ブツ」は「ãļおうぎį¨Žã‚’外す」というäē‹ãĒぎで、もうきãŖとäģ–ぎ才čƒŊはį„Ąã„と思いぞす。こぎブログをčĒ­ã‚“で「ãļおうぎį¨ŽãŒæ—Šãå¤–せるäēēæã‚’æą‚ã‚ãĻいたんだīŧã€ã¨ã„う斚がもしいらãŖしゃいぞしたらごé€ŖįĩĄä¸‹ã•ã„。åˇĨ藤éĨさんが卒æĨ­ã—たら働きぞす。

f:id:nakashima777:20171202025554j:image

ãļおうぎį¨Žã‚’外すぎがį•°å¸¸ãĢ旊くãĻč‡Ē分ぎノãƒĢマ分を旊々ãĢ達成しãĻしぞãŖたため、äŋēはトイãƒŦãĢ行ãŖãĻ一服するäē‹ãĢしぞした。äŊč—¤å„Ē樚さんとįŸŗį”°äēœäŊ‘įžŽã•ã‚“が各テãƒŧブãƒĢを回ãŖãĻãƒŦãƒĸãƒŗæąã‚’å…Ĩã‚ŒãŸã‚ŠãŠãŸãžã§ã‹ãæˇˇãœãŸã‚Šã—ãĻいたようでしたが、ãĒãĢしろ席数が多いぎで我々ぎテãƒŧブãƒĢぞではぞだæĨãĒいだろうと判断したį‚ēです。ãĒかãĒか古ãŗたčļŖぎあるæ–Ŋč¨­ã ãŖたぎでæ–Ŋč¨­å†…ã‚’čĻ‹å­ĻしãĒがらトイãƒŦぞで歊きぞした。バãƒŧベキãƒĨãƒŧ場ぎようãĒ場所もäŊĩč¨­ã—ãĻあり、éŖŸæčŗŧå…Ĩでお手čģŊãĢバãƒŧベキãƒĨãƒŧéĸ¨ãŽį„ŧč‚‰ã‚’æĨŊしめるようでした。トイãƒŦぎ前ぎå–Ģį…™æ‰€ã§ä¸€æœã—ãĻテãƒŧブãƒĢãĢæˆģる時ãĢ、ぞだ開åē—前でčĒ°ã‚‚åą…ãĒいåŖ˛åē—を通りがかãŖた所「ビãƒŧãƒĢã€ãŽčĄ¨į¤ēがčĻ‹ãˆãŸãŽã§äŋēは反射įš„ãĢ「あãŖ、すいぞせん、これãŖãĻč˛ˇãˆã‚‹ã‚“ã§ã™ã‹īŧŸã€ã¨čŋ‘くãĢいたæ–Ŋč¨­ã‚šã‚ŋッフぎéĢ˜éŊĸぎåĨŗ性ãĢåŖ°ã‚’かけãĻしぞいぞした。「あãƒŧ、はいはい、äģŠé–‹ã‘ãžã™ã€ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻしぞい、åŧ•ãŖčžŧãŋがつかãĒくãĒãŖãŸãŽã§ã™ãŒã€ã‚ˆãč€ƒãˆãŸã‚‰æĩįŸŗãĢここでビãƒŧãƒĢをéŖ˛ã‚€ãŽã¯ãƒžã‚ēイぎではãĒいか、とäŋēãĢ一æŦ į‰‡æŽ‹ãŖたäēē間ぎåŋƒãŒå‘Ÿã„たぎで「あ、じゃあジãƒŗジãƒŖãƒŧエãƒŧãƒĢã§ã€ã¨č¨€ã„ãžã—ãŸã€‚5åš´ãļりくらいãĢジãƒŗジãƒŖãƒŧエãƒŧãƒĢをčŗŧå…ĨしãĻしぞいぞした。ナイブハã‚Ļ゚ぎドãƒĒãƒŗã‚¯ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã§ã‚‚ã‚‰ãˆã‚‹ã‚ˆã†ãĒã‚ĢップãĢãŠåŠ†ãĄã‚ƒã‚“ãŒã‚¸ãƒŗジãƒŖãƒŧエãƒŧãƒĢをæŗ¨ã„でくれぞした。いつぎ間ãĢかčŋ‘くãĢåą…ãŸåŒåŽ¤ãŽãŠã˜ã•ã‚“ã‚‚ã‚ŗãƒŧナをčŗŧå…ĨしãĻいぞした。おじさんäēŒäēēがã‚ŗãƒŧナとジãƒŗジãƒŖãƒŧエãƒŧãƒĢぎプナã‚Ģップを持ãŖãĻジãƒŖムäŊœã‚ŠãŽįžå ´ãĢノã‚Ŋノã‚Ŋとæˆģりぞした。åŸēæœŦįš„ãĢこぎジãƒŖムäŊœã‚Šã¯ãļおうぎį¨Žã‚’取ãŖãĻしぞえば垌は遊åŊ“ãĢã‹ãæˇˇãœãĒがらį…ŽčŠ°ãžã‚‹ãŽã‚’垅つだけãĒぎでį‰šãĢもうやるäē‹ã¯į„Ąãã€äŋēはテãƒŧブãƒĢをåŋ™ã—そうãĢ回るäŊč—¤å„Ē樚さんやįŸŗį”°äēœäŊ‘įžŽã•ã‚“ã‚’čĻ‹ãĻいぞした。こぎ頃ãĢãĒると感čĻšãŒéēģį—ēしãĻæĨãĻいãĻ、そこらčžēを10æœŸãƒĄãƒŗバãƒŧが歊いãĻいるäē‹č‡ĒäŊ“ãĢはį‰šãĢ銚かãĒくãĒãŖãĻいぞした。これでビãƒŧãƒĢでもéŖ˛ã‚ãŸã‚‰æœ€éĢ˜ãĒんだけおãĒ、やãŖãąã‚Šã•ãŖきぎババã‚ĸã‹ã‚‰č˛ˇãŖã¨ã‘ã°č‰¯ã‹ãŖた、と思いぞした。しばらくそうやãŖãĻグツグツとį…ŽčžŧぞれãĻいくãļおうをčĻ‹ãĻいると、我々ぎテãƒŧブãƒĢãĢįŸŗį”°äēœäŊ‘įžŽã•ã‚“がやãŖãĻæĨぞした。įŸŗį”°äēœäŊ‘įžŽã•ã‚“は持ãŖãĻいたおたぞで鍋をグãƒĒグãƒĒã‹ãæˇˇãœã€Œīŧˆį§ãŒã‹ãæˇˇãœãŸãŽã§īŧ‰ã“れでįžŽå‘ŗしくãĒる」ãŋたいãĒäē‹ã‚’言ãŖãĻいぞした。äŋēは「うむ」とåŋƒãŽä¸­ã§æ€ã„ãĒがら垎įŦ‘をたたえãĻįŸŗį”°äēœäŊ‘įžŽã•ã‚“ã‚’čĻ‹ãĻいぞした。すると、先į¨‹ä¸€įˇ’ãĢã‚ŗãƒŧãƒŠã‚’č˛ˇãŖた同厤ぎおじさんが「それäŊ•éŖ˛ã‚“でんぎīŧŸã€ã¨įŸŗį”°äēœäŊ‘įžŽã•ã‚“ãĢčžã‹ã‚ŒãĻおりぞした。äŊ•ã‹ã‚’éŖ˛ã‚“でいるã‚Ēã‚ŋクが一äēēã‚‚åą…ãĒかãŖたぎで気ãĢãĒãŖたぎだと思いぞす。įĸēかãĢあぎ場をé›ĸれãĻéŖ˛ãŋį‰Šč˛ˇãŖãĻいるヤツはそんãĒãĢåą…ãĒã„ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚čžã‹ã‚ŒãŸãŠã˜ã•ã‚“ã¯ã€Œã‚ŗãƒŧナ」とãļãŖきらãŧうãĢį­”えãĻいぞした。äŋēぎ友äēēãŽãŠã˜ã•ã‚“ã¯å…¨å“ĄãƒĄãƒŗã‚ŋãƒĢが小å­Ļį”ŸãĒぎで可愛いåĨŗぎ子ãĢåŖ°ã‚’かけられるとかãŖこつけãĻãļãŖきらãŧうãĢãĒãŖãĻしぞうぎです。įŸŗį”°ã•ã‚“は「え、いいãĒ」とį­”えãĻいぞした。それをčĻ‹ãĻいたぞたåˆĨぎおじさんが「įŸŗį”°ã•ã‚“はã‚ŗãƒŧナåĨŊきですかīŧŸīŧįŸŗį”°ã•ã‚“はã‚ŗãƒŧナåĨŊきですかīŧīŧŸã€ã¨čžã„ãĻいぞした。äŋēぎ友äēēãŽãŠã˜ã•ã‚“ã¯ãƒĄãƒŗã‚ŋãƒĢが小å­Ļį”ŸãĒぎでたぞãĢ小å­Ļį”ŸãƒŦベãƒĢぎバã‚ĢãĢãĒãŖãĻしぞうぎです。「įŸŗį”°ã•ã‚“はã‚ŗãƒŧナâ€Ļあんぞりâ€ĻéĒ¨ãŒæēļけるからâ€Ļ」とį­”えãĻいぞした。昭和かīŧã¨æ€ãŖたぎでäŋēは「じゃあジãƒŗジãƒŖãƒŧエãƒŧãƒĢはīŧŸã€ã¨čžããžã—た。「ジãƒŗジãƒŖãƒŧエãƒŧãƒĢはåĨŊき、うわ、それもäŊ•éŖ˛ã‚“でるぎīŧŸã€ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãŸãŽã§ã€Œã‚¸ãƒŗジãƒŖãƒŧエãƒŧãƒĢ」とãļãŖきらãŧうãĢį­”えぞした。そう、äŋēã‚‚ã‚‚ãĄã‚ã‚“ãƒĄãƒŗã‚ŋãƒĢが小å­Ļį”Ÿã ãŖたぎです。よく分からãĒいįŠē気ãĢ包ぞれた我々ぎテãƒŧブãƒĢãĢč€ãˆã‹ã­ãŸãŽã‹ã€ã¯ãŸãžãŸå˜į´”ãĢ時間がį„Ąã‹ãŖたぎか、įŸŗį”°ã•ã‚“はã‚ĩã‚ĩãŖã¨é‹ã‚’ã‹ãæˇˇãœãĻæŦĄãŽãƒ†ãƒŧブãƒĢã¸čĄŒããžã—ãŸã€‚

äŊč—¤å„Ē樚さんがæĨた時ãĢは先ãĢäŊč—¤å„Ē樚さんが回ãŖãĻæĨãĻいたéšŖぎテãƒŧブãƒĢãĢいた「ゴãƒĒãƒŠã€ãŒã“ãĄã‚‰ãŽãƒ†ãƒŧブãƒĢãĢéŖ›ãŗį§ģãŖãĻきãĻゴãƒĒãƒŠéĄ”ã§é‹ã‚’ã‹ãæˇˇãœįļšã‘ã‚‹ã€ã¨ã„ã†čĄŒį‚ēãĢčĩ°ãŖãĻいたぎでäŊč—¤å„Ē樚さんが「んâ€ĻīŧŸã“こ一回æĨたīŧŸã€ã¨č¨€ãŖãĻしぞãŖãĻいぞした。可愛かãŖたです。「違うんだよīŧã“ぎゴãƒĒナがそこからį§ģ動しãĻæĨたんだよīŧã€ã¨č¨€ãŖたら「あãƒŧīŧã‚Ēイãƒŧīŧã€ãŋたいãĢ言ãŖãĻいぞした。įĩåą€äŊč—¤å„Ē樚さんはそぎ垌すぐãĢã‚šãƒŧãŖã¨ãŠã“ã‹ã¸čĄŒãŖãĻしぞãŖたぎで、我々ぎテãƒŧブãƒĢぎäŊč—¤å„Ē樚分は全ãĻ「ゴãƒĒナ」ãĢ持ãŖãĻčĄŒã‹ã‚ŒãĻしぞいぞした。「ゴãƒĒãƒŠã€č¨ąã™ãžã˜ã€‚äŋēぎ文įĢ ã§ã¯å…¨į„ļäŧã‚ãŖãĻいãĒいようãĒ気がしãĻ不厉ãĒぎですが、ジãƒŖムäŊœã‚Šã¯éžå¸¸ãĢæĨŊしいイベãƒŗトでした。äŊč—¤å„Ē樚さんはキãƒŖãƒŧキãƒŖãƒŧæĨŊしそうãĢしãĻいるしįŸŗį”°äēœäŊ‘įžŽã•ã‚“ã‚‚éĸį™Ŋいし、そぎäēŒäēēが晎通ãĢそこらčžē歊いãĻるぎも「そう、これだよ、ã‚ŗãƒŦがバ゚ツã‚ĸãƒŧãŖãĻ感じ、する」という気分ãĢãĒれãĻč‰¯ã‹ãŖたです。

そうこうしãĻいる内ãĢã‚ŋイムãƒĒミットがčŋ‘äģ˜ã„ãĻきãĻいたようで、というかおそらく少しæŠŧしãĻたようãĒ感じで、ぞだ全į„ļį…ŽčŠ°ãžãŖãĻいãĒいæļ˛äŊ“を「じゃあもうį“ļãĢčŠ°ã‚ãĄã‚ƒãŖãĻ下さいīŧå¤§ä¸ˆå¤ĢãĒんでīŧčŠ°ã‚ãĄã‚ƒãŖãĻ大丈å¤ĢãĒんでīŧã€ã¨ã‚ĒトナãĢ遊åŊ“ãĢ指į¤ēされãĒがら我々はãļおうぎį…Žæąã‚’į“ļãĢčŠ°ã‚ã€æĨた時と同様、äēŒäēēãĢå‡ēåŖでčĻ‹é€ã‚‰ã‚ŒãĒがらバ゚へとæˆģãŖたぎです、懐ãĢホã‚Ģホã‚ĢぎãļおうジãƒŖムをå…ĨれãĻ。

おもãĻたんと違う

ホã‚Ģホã‚Ģぎåŋƒã¨ã‚¸ãƒŖムを懐ãĢæŠąãˆãĻバ゚はぞたčĩ°ã‚Šå‡ēしぞした。æŦĄãŽį›Žįš„地ぞではぞた小一時間čĩ°ã‚‹ã‚ˆã†ã§ã—た。æŦĄãŽįŒŋ回しぎäŧšå ´ãĢはåˇĨ藤éĨさんとéŖ¯įĒĒæ˜Ĩčœã•ã‚“ãŒã„ã‚‹ã¨ã„ã†äē‹ã§å¤šå°‘ぎįˇŠåŧĩがčĩ°ã‚Šãžã—た。そしãĻ寝不čļŗãĢã‚ˆã‚‹č†€čƒąãŽåŧąã‚Šã§ãžãŸãŠå°æ°´ã—たくãĒãŖたらおうしようというįˇŠåŧĩも同時ãĢčĩ°ãŖãĻいぞした。įŒŋ回しäŧšå ´ãĢį€ã„た時ãĢはお小水感がゎãƒĒã‚ŽãƒĒį›Žä¸€æ¯ã ãŖたぎですが、バ゚が停ぞãŖた駐čģŠå ´ãĢはトイãƒŦがį„Ąãã€äŋēはäģ•æ–šãĒくäŧšå ´å…ĨりåŖぎトイãƒŦãĢ小čĩ°ã‚Šã§å‘かいぞした。毎åēĻ毎åēĻ新たãĒ場所ãĢį€ãã¨ãƒˆã‚¤ãƒŦãĢ駆けčžŧãŋå…Ĩå ´ãĢ遅れぞした。įŒŋ回しぎäŧšå ´ã§ã‚‚少し遅れãĻį„ĻりãĒがらå…Ĩ場したぎですが、途中で列がäēŒæ‰‹ãĢ分かれãĻおり、明らかãĢæˇˇã‚“ã§ã„ã‚‹å…Ĩå ´åŖとįŠēいãĻいるå…Ĩå ´åŖがありぞした。äŋēは遅れãĻį„ĻãŖãĻいたぎでåŊ“į„ļįŠēいãĻいるå…Ĩå ´åŖã‚’é¸ã‚“ã ãŽã§ã™ãŒã€æĄˆãŽåŽšãã“ãĢはéŖ¯įĒĒæ˜Ĩčœã•ã‚“ãŒãŠã‚Šã€ãŠå‡ēčŋŽãˆã‚’しãĻã„ãžã—ãŸã€‚æˇˇã‚“ã§ã„ã‚‹åˆ—ãŽæ–šãŽå…ĨりåŖãĢはåˇĨ藤éĨさんがいぞした。ãĒるãģおīŧãã†ã„うäē‹ã ãŖたぎねīŧã¨æ€ã„ぞしたが、äŋēはåˆĨãĢéŖ¯įĒĒさんもåĨŊきだし、åˇĨ藤éĨさんãĢおå‡ēčŋŽãˆã•ã‚ŒãŸæ‰€ã§äŋēã¯ãŠã†ã›éĄ”ã‚‚čĻ‹ã‚ŒãšãĢ下を向いãĻ「チãƒŖãƒƒã‚šã€ã¨ã—ã‹č¨€ãˆãĒいぎでそぎぞぞå…Ĩ場しぞした。

半円åŊĸぎホãƒŧãƒĢãĢåēƒã„čˆžå°ãŽã‚ã‚‹åģēį‰ŠãĢäē‹å‰ãĢæ¸Ąã•ã‚ŒãŸį•Ēåˇã§åē§ã‚‹ã‚ˆã†ã§ã—た。äŋēはč‡Ē分ぎ列からé›ĸれた所ãĢåą…ãŸãŸã‚ã€Œã™ã„ãžã›ã‚“ã€ã™ã„ãžã›ã‚“ã€ã¨č¨€ã„ãĒがらヌãƒĢヌãƒĢとč‡Ē分ぎ席をį›ŽæŒ‡ã—ぞした。「ジãƒŖムäŊœã‚Šã¯å‡„くæĨŊしかãŖたからįŒŋ回しもæĨŊしãŋだãĒあ、åˇĨč—¤ã•ã‚“ãĢįŒŋとしãĻ回されたいãĒあ」ãĒおと思いãĒがらæĨŊしãŋãĢåž…ãĄãžã—ãŸã€‚åˇĨ藤éĨさんとéŖ¯įĒĒæ˜Ĩčœã•ã‚“ãŒčˆžå°ãĢå‡ēãĻæĨãĻįŒŋ回しをするäēē達もäēŒäēēãģおå‡ēãĻæĨぞした。そしãĻ挨æ‹ļをįĩ‚えるとåˇĨ藤éĨさんとéŖ¯įĒĒæ˜Ĩčœã•ã‚“ã¯čˆžå°ã‹ã‚‰é™ã‚Šã€æœ€å‰åˆ—ãĢåē§ã‚Šãžã—た。「えãŖīŧīŧŸãŠã‚‚ãĻたんと違うīŧã€ã¨æ€ã„ぞした。そぎ垌はごく晎通ぎįŒŋå›žã—ã‚ˇãƒ§ãƒŧをįĩæ§‹ãĒ長å°ēでčĻ‹ãžã—た。途中åˇĨč—¤ã•ã‚“ã‚„éŖ¯įĒĒã•ã‚“ãŒå°‘ã—čˆžå°ãĢ上がるäē‹ã‚‚ありぞしたが、åŸēæœŦįš„ãĢは晎通ãĢįŒŋ回しをčĻ‹ãžã—た。いやね、åˆĨãĢæŦ§įąŗäēēãŋたいãĢ「įŒŋはそんãĒäē‹ã—たがãŖãĻãĒいだろīŧå‹•į‰Šč™åž…だīŧã€ãĒおとæœŦæ°—ã§č¨€ã†æ°—ã¯į„Ąã„ですし、小įŒŋ可愛かãŖたですけおね、でもですね、įŒŋ回しčĻ‹ãŸã‹ãŖたらč‡Ē分でįŒŋ回しčĻ‹ãĢčĄŒãã˜ã‚ƒãĒいですか。äŋēはåˇĨ藤éĨさんがčĻ‹ãŸã‹ãŖたんですよīŧå‡ēæĨればåˇĨ藤éĨさんãĢįŒŋとしãĻ回されたかãŖたんですよīŧä¸­åŗļ回ししãĻæŦ˛ã—かãŖたんですよīŧäŋēずãŖとįŒŋå›žã—ã‚ˇãƒ§ãƒŧやãŖãĻる時最前列ぎåˇĨ藤éĨがįŒŋ回しčĻ‹ãĻる垌頭部čĻ‹ãĻぞしたからねīŧãžã‚īŧãã‚Œã¯ãã‚Œã§īŧãĒã‚“ã‹č‰¯ã‹ãŖたけおīŧã€Œã‚šã‚¯ãƒŧãƒĢã‚Ģãƒŧ゚ト上äŊãŽåĨŗぎ子をåĨŊきãĢãĒãŖた冴えãĒい中å­Ļį”Ÿį”ˇå­ãŒæŽˆæĨ­ä¸­ãĢ垌ろぎ席からčĻ‹ã¤ã‚ãĻる」ãŋたいãĒ気分ãĢãĒれãĻæĨŊしかãŖたですīŧãŠã‚‚ãĻたんとは違うけおīŧ

あ、äŧšå ´ãŽå‘¨ã‚ŠãŽæ™¯č‰˛ãŒįļēéē—でした。

f:id:nakashima777:20171128232837j:image


f:id:nakashima777:20171201021353j:image

嚸せぎ丘ありあんす

嚸せぎ丘ありあんすというæ–Ŋč¨­ã‚’įŸĨãŖãĻいるでしょうかīŧŸäŋēはįŸĨりぞせん。原際ãĢ行ãŖたäģŠã§ã‚‚あれがãĒんだãŖたぎかよく分からãĒいぎです。
f:id:nakashima777:20171128232759j:image

 äŋē達はそぎ「嚸せぎ丘ありあんす」でæ˜ŧéŖŸã‚’とるäē‹ãĢãĒãŖãĻいるようでした。įŒŋ回しぎäŧšå ´ã‹ã‚‰1時間ãģおバ゚ãĢ乗ãŖãĻいぞした。2æ—Ĩ間朝から晊ぞで、おこãĢčĄŒããĢもキッã‚ĢãƒĒ1時間バ゚ãĢ乗ãŖãĻいると感čĻšãŒãŠã‹ã—くãĒりそうでした。ありあんすエãƒŗトナãƒŗ゚ぎčŦŽã‚Ēブジェやį”°čˆŽãŽåąąä¸­ãĢæ€ĨãĢåģēつ厗教æ–Ŋč¨­ã‚ã„ãŸå¤§ããĒåģēį‰ŠãĢニヤニヤしãĒãŒã‚‰ã€č¨€ã‚ã‚Œã‚‹ãŒãžãžãĢåą‹å†…ãĢå…ĨるとそこãĢは「įŸŗ原čģå›Ŗかよīŧã€ã¨ã„うくらい大きãĒ鍋一杯ぎãģうとうとčŦŽãŽä¸€äēēį”¨é‹ã€ã”éŖ¯ã€ãƒœã‚ĻãƒĢãĢį››ã‚‰ã‚ŒãŸå¤§é‡ãŽã‚ĩナダãĒおがį”¨æ„ã•ã‚ŒãĻいぞした。į‰šãĢãĒんぎčĒŦ明もį„ĄããƒŒãƒĢãŖと遊åŊ“ãĢ席ãĢåē§ã‚‰ã•ã‚Œã€äŊ•æ•…か不抟åĢŒãĒおばさんぎパãƒŧトがãģうとうを小分けãĢしãĻいる様を数分įœēめさせられぞした。とはいえ、ここぞでčŖœįĩĻはジãƒŖムäŊœã‚ŠãŽæ™‚ãĢつぞãŋéŖŸã„したãļおうぎãŋ、č‡Ēč˛ŠæŠŸã§ã‚¸ãƒĨãƒŧã‚šã‚’č˛ˇã†ãŽã‚‚čēŠčē‡ã‚ã‚Œã‚‹ãģおぎåŧˇčĄŒæ—Ĩį¨‹ã§čĄŒčģã—ãĻããŸæˆ‘ã€…ã¯č…šãŒæ¸›ãŖãĻいぞした。はじぞりぎ合å›ŗもįĩ‚わりぎ合å›ŗもありぞせんでしたがįš†å„々ぎ判断でéŖŸäē‹ã‚’始めãĻいるようでした。äŋēは昨æ—ĨãŽå¤œã‹ã‚‰é‡Žčœä¸čļŗを感じãĻいたぎでã‚ĩナダを三杯おかわりしぞした。昨æ—Ĩぎ夜もéŖŸãŖたãģうとうはäēŒæ¯ãĢæ­ĸã‚ãžã—ãŸã€‚ãƒĄã‚ˇã‚’éŖŸã„įĩ‚わãŖたら一服するかと思ãŖãĻã„ãŸãŽã§ã™ãŒã€å”¯ä¸€æĄˆå†…ã•ã‚ŒãĻいたバ゚ぎå‡ēį™ē時間ぞで20分ãģおしか掋ãŖãĻいぞせんでした。æœŦåŊ“ãĢゆãŖくりする時間が全į„ļãĒいæ—Ĩį¨‹ã§ã—た。それを「äēˆåŽšãŒčŠ°ãžãŖãĻいãĻãŠåž—ã§č‰¯ã„ã€ã¨ã„ã†æ–šãŒã„ã‚‹ãŽã‚‚åˆ†ã‹ã‚Šãžã™ãŒã€ãĒãĢãļん晎æŽĩæ—…čĄŒã™ã‚‹æ™‚ã¯ã‚†ã‚‹ã‚†ã‚‹ãŽäēˆåŽšã‚’įĢ‹ãĻãĻ遊åŊ“ãĢ酒éŖ˛ã‚“でéĸ¨å‘‚å…ĨãŖãŸã‚ŠčĄŒããŸããĒãŖãŸæ‰€ã¸čĄŒãã€ãŋたいãĒぎしかやãŖたäē‹ãŒãĒいため、非常ãĢįĒŽåąˆãĢ思えぞした。

äģ•æ–šãŒãĒいぎでペットボトãƒĢぎおčŒļã‚’č˛ˇãŖãĻ、少しæ•Ŗ歊しぞしたが、æœŦåŊ“ãĢãļおうį•‘と道äģĨ外ãĢäŊ•ã‚‚ãĒく、途斚ãĢ暎れた我々は同じようãĢ途斚ãĢ暎れãĻいる一äēēãƒ˛ã‚ŋぎおじさんをįœēめãĒがら遠いį›Žã§åąąã€…ã‚’įœēめぞした。バ゚ツã‚ĸãƒŧぎæŦĄãŽį›Žįš„地はã‚ŗãƒŗã‚ĩãƒŧトäŧšå ´ã€‚ä¸‰é€”ãŽåˇã‚’æ¸Ąã‚‹ãƒã‚šãƒ„ã‚ĸãƒŧもそろそろįĩ‚į„‰ãŒčŋ‘いようでした。ã‚ĢナãŖと晴れたį§‹æ™´ã‚ŒãŽįŠēが、äŊ•æ•…かそぎæ—Ĩã¯å°‘ã—æ‚˛ã—ãčĻ‹ãˆãŸãŽã§ã™ã€‚一äēēãƒ˛ã‚ŋぎおじさんもåŋƒãĒã—ã‹æ‚˛ã—ãã†ãĒéĄ”ã‚’ã—ãĻいぞした。īŧœã¤ãĨけīŧž

f:id:nakashima777:20171202064949j:image